空家管理

増える空家

総務省の「住宅・土地統計調査」より。
平成 25 年における我が国の空き家の状況は、
総住宅数に占める割合は 13.5%、
7 軒に 1 軒が空き家という状況です。
少子高齢化が進み、人口減少社会が現実のものになり、
数年後には世帯数も減少すると言われているにもかかわらず、
総住宅数は増え続けているため空家が増え続けることが予想されます。

空家リスク

税金面から見ると空家を保有するコストは低く、
一見得をするように見えます。
しかしながら地域の景観悪化や、
火災・放火、犯罪の発生リスクが向上します。
そして子孫へ年々老朽化する空家を
そのようなリスクとともに引き継ぐだけとなります。

相続が発生した際、一時的に共有によって紛争を避けるような場合は、
単に問題解決を先延ばしにしただけの面があります。
権利関係が複雑になり、今後の土地の有効活用に支障がでる可能性が高くなります。

空き家を適正に管理していても、建物の価値が維持できるわけではなく、
劣化を緩和する程度の効果しかありません。

空家管理を依頼するメリット

安心で安全なまちづくりと地域の活性化のために空き家の管理に取り組むことは、
地域に利益をもたらします。

空き家対策の 3 本柱は、
「利活用」、「管理」、「除却」となります。
今後の利活用や除却に至るまでの「管理」についてもその対応が求められます。

ともに不動産へ空家管理の依頼により、
リスクを今のうちに知り、将来の売却、除却へつなげるとともに
相続時のトラブル予防に務めることができます。

ともに行政書士事務所活用の相乗効果
遺言書・遺産分割協議書

空家管理について興味のある方は方は、
弊社へご相談下さい。

プラン 内容 費用
かんたんプラン 建物外部と敷地の目視点検(写真撮影)、施錠確認などを行います。
※ポスト清掃、敷地内のゴミ拾いなど、オプションをお付けできます。
月1回
(税抜)2000円~
じっくりプラン 建物の内外部と敷地の点検(写真撮影)、施錠確認、通気、通水・封水、雨漏り点検、庭木確認、ポスト清掃、敷地内のゴミ拾いなどを行います。
※庭木剪定、室内簡易清掃、敷地内清掃は別途お見積り致します。
月1回
(税抜)5,000円~


対応地域
弊所から車30分以内ほどの空家